イタチ駆除

イタチイラスト

 イタチはネズミよりもかなり大きいですが、思いのほか狭い隙間からでも侵入してきます。
 都会のクマネズミと違い、郊外の川や水辺近くに多く生息しています。

■イタチ駆除の流れ


 1.御見積り(無料)
    ↓
 2.見積書提出
    ↓
 3.ご検討
    ↓
 4.ご依頼
    ↓
 5.日程調整
    ↓
 6.駆除業務(捕獲、追い出し)
    ↓
 7.一定期間
  イタチ無し? no ↑日程調整へ
    ↓ yes
 8.駆除業務完了
    ↓
 9.請求書発行(保証期間の開始)
    ↓
 10.料金お支払い
    ↓
 11.終了


●保証期間とは?

 保証期間中にイタチの発生や兆候がみられた場合は、無料にて駆除対応にあたります。
 保証期間は可能な限り長期間の設定をしております。現場の状況次第ですが概ね5年間となります。

■駆除料金の目安

 住宅の場合でしたら状況をお伝えください。おおよその料金がわかります。
 住宅以外はお答えが難しいため現地確認の上、見積依頼願います。
 相場がわかり辛いため複数の業者にご相談か見積り依頼することをお勧めします。

■ネズミに次ぐサイズのイタチ

 イタチは雑食性ですがかなり肉食性よりですので、農作物の被害は聞かれませんがニワトリなどの家畜が襲われることがあるようです。キクノヨが駆除に出動する場合は、主に家屋にイタチが侵入してきたケースになります。
 胴長で体長がありますが、小さな頭が通れば体がつっかえることはありませんので、僅かな隙間より家屋に侵入してしまうことがあります。また、メスはオスのふた回りほどサイズが小さくなっています。
 ひと口にイタチと言っても日本には在来種のニホンイタチとチョウセンイタチが棲息していて、郊外ではチョウセンイタチのケースが多いようです。体のサイズや習性はそれほど変わらないので厳密な同定は必要ないかと思います。
 イタチが天井裏に棲みつくと他の大型害獣と同様に騒音やダニ、糞尿等が問題になります。ある程度長くイタチが棲みつくと天井裏から糞尿が沁み出し臭くなってきます。そんな糞尿も臭いのですが、イタチが家屋内で死亡するのが一番臭くなりますので決して殺さないようにしなければいけません。イタチの死臭は生活できなくなるくらいの悪臭となります。体が大きなアライグマやハクビシンになるとさらに酷いことになります。通常、その動物の死臭はその動物の糞尿の何十倍も臭いものです。
 迷惑なイタチがやってくると被捕食の立場のネズミは逃げ出しますので唯一の利点かもしれません。しかしネズミに比べてその足音は大きく、より騒がしいのは確実です。